合気道 杖術(合氣杖)

武産合氣會 合気道の杖術
「合氣之杖」

 

 合氣杖(あいきじょう)で用いるのは、四尺三寸~五尺の木(樫が多い)ですが、その名の通りツエとしても使えるものです。

さらに太く長い鍛錬杖(たんれんじょう)、両口金の杖(ぢょう)や鋼でできた金剛杖は重くなりますが、敢えて重い杖を使うこともあります。
杖は剣以上に身体の一部と成すことに秀でており、身に沿う操法が大切です。似ている得物に槍や薙刀等がありますが、長さが全く違うので操法はかなり異なります。槍等はその長さを駆使つまりリーチの違いが重要ですが、杖の場合は長さを利用するということよりも向きの無い(剣のような刃が無く、尖りもない)ことを強みとしています。刃の向きも尖りもないということは、どこも攻撃にも防御にも同様に使えるということです。場合の数を考えるまでもなく、剣よりも技の数が格段に多いのも杖術の特徴と云えるでしょう。他方、杖の武具としての役割もさることながら、躰の中心を造るにも役立ちます。身体操法という言葉がありますが、まさに杖術は自らの身体を駆使する、しかも楽にする妙薬とも云えます。修練を経て意識下ではなく自然な姿となるのです。
 当会では、入会間もなく、多くの組杖から成る舩戸之杖を抑突から始めて鍛錬し、段位取得した後に神武津美之杖へと進みます。

【舩戸之杖】初心者~二段程度までに習得
 八方打
 八方突
 基本八法
 舩戸八車
 天空地輪
 荒磯
 漣
 摺打
 突八法
 嵐
 青柳
 両輪
 川柳弓張り
 笹之雪
 一桃 二桃 三桃 四桃 真澄
 ・
 ・
 ・など 

【神武津美之杖】二段取得以降に習得
 (杖対太刀)
 木之葉返し
  連行 浦風返 朽木倒 両面木之葉など
 月影
  疾風 肘詰 風車など
 神武津美之多敵
  逆手浦風返 荒磯返など
  山嵐 谷嵐 浮舟など
 


― 武産合氣會 ―


➤技法
➤当会
➤表紙