合気道 剣術(合氣剣)

合気剣(合気の剣、剣術)

【合氣剣】

合氣道には素手同士の所謂体術だけではなく、得物を持つ武器技があります。主な武器技の一つが剣術つまり合気の剣です。使う得物は普段稽古から上級者の鍛錬まで段階を踏み、木刀、鍛錬刀、金剛刀、居合刀、真剣を用います。一般男性用、女性用、子供用など各々使い分けますが、多くは木刀で稽古します。防具は用いず、素面素小手で激しく打ち合い鍛えるので、しばしば小さな傷を負いますが、早ければ一年程度で慣れて何でもなくなり、何より怪我とは無縁の身体になるものです。

 

≪合氣の剣稽古段階≫

①剣の作法、心得

②操法基礎

③自己鍛錬法

④素振り

⑤前後斬

⑥四方、八方

⑦転換打ち、旋風返(打合)

⑧青柳、青柳返(打合)

⑨佐武波羅之太刀(組太刀) この辺りで三級程度

合氣道は剣一振りにて行ふ魂の禊技
佐武波羅之太刀素振り八方と同時に
実施すべし

 

以降、更に組太刀各種、杖、二刀との絡みで難しくなりますが、ここまで至ると面白くて技を覚えて試すのが楽しくなり、次々と自分から先へ先へと気持ちが逸ることになります。

 

※当会の武具は一般的な武道具店で扱う武具とは規格が異なるので当会純正武具を推奨していますが、持ち込みも可能です。
 


-武産合氣會-

 

➤技法
➤当会
➤表紙